事例2 伊勢原の家

こだわりにこだわった純和風住宅
細部にいたるまで職人技術が息づいています

お客様のご要望

土壁の家に住まわれたいとのことで、本格的な和風住宅をご希望でした。数寄屋門(日本の伝統的な門形式)の製作を依頼されたほど。近年では珍しい純和風住宅です。

家づくりの苦労打ちあけ話

お客様のご事情により納期がとれず、工程管理が大変でした。徹底して作業工程を管理し、効率化を実現。作業工程の管理だけでは限界もあったので人の力に頼ったところもありました。ですが、その甲斐あって短工期ながらもお客様のご要望の上をいく、満足のいく仕事ができたと思います。

職人としてのこだわり

土と木の家

新建材は一切使わず、土と木(国産)の自然素材だけを採用。自然のめぐみがあふれる、やさしい住まいです。

和の意匠

本格的な和風住宅をご希望でしたので、意匠にもこだわりました。腕木、桂離宮の櫛形窓をモチーフにした飾り棚、木象嵌の矢羽根……。どれも宮大工としての技術を存分に活かすことのできた仕事です。

玄関

住まいの佇まいに合わせてつくった玄関です。上品で落着きのある玄関は、住まいの格式を高めています。

費用

坪単価100万(本体)

一言メッセージ

関東では少ない土壁の純和風住宅をご依頼いただき、誠にありがとうございます。気に入っていただけて、私たちも何よりです。思う存分腕をふるうことができ、職人たちも良い仕事ができたと喜んでおりました。また何かありましたら、どうぞ宜しくお願いいたします。