事例1 岡崎の家

和とモダンが融合した住宅兼店舗
狭小地でも広々とした室内空間を演出

お客様のご要望

住宅兼店舗のご依頼で、「モダン+宮大工の技術」という一風変わったコラボレーションでお洒落な空間を希望されていました。また高耐久で長持ちする住まいというのも、お客様のご希望のひとつでした。

家づくりの苦労打ちあけ話

狭小地でがけとの高低差があり、予算との兼ね合いからなかなかプランを決めることができませんでした。ですが、家づくりは一世一代の高い買い物。ここで妥協してしまっては良い家づくりはできません。お客様と悩みながら、ベストなプランをつくれるよう一緒に考えていきました。時間はかかりましたが、良いプランが出来上がったと思います。

職人としてのこだわり

開放感のある室内

勾配天井で梁を見せることで、狭小地ながらも開放的で広々とした印象の室内に。

木製のオーダーメイドキッチン

システムキッチンのほうが安価にすみますが、「木の空気を乱したくない」とのご要望で、オーダーメイドで木製のキッチンを製作。「奥さんが使いやすいようにしたい」とのことから、収納部分は結婚されてから製作をはじめる予定です。

一言メッセージ

小林様。このたびはご依頼いただきまして、ありがとうございました! お母様の代から約10年以上もお付き合いいただき、本当に大工冥利につきる次第です。施工中も職人に良くしていただき、みな笑顔で仕事ができたことが印象に残っています。これからもまた何かありましたら、どうぞ宜しくお願いします。