自然の恵み 自然素材

自然素材を使った住まい 7つの「いいこと」

内田工務店がおつくりしているのは、国産の自然素材をぜいたくに使用した人と地球にやさしい住まい。たくさんの“いいこと”がご家族を包む住まいです。

いいこと1 優れた調湿性で快適な室内環境

木には優れた調湿機能があります。たとえば10.5cm角の杉柱1本には、ビール瓶2.5~3本もの水分が貯えられるんです。空気が乾燥する時期にはその水分をはき出し、逆に梅雨などじめじめする時期には湿気を吸収。木の呼吸が、住まいを丁度良い湿度に保ってくれます。ですから内田工務店では、柱を壁で覆ってしまうといったもったいないことはしません。柱や梁の構造材も化粧材として見せることで、家全体が呼吸できるようにしています。

いいこと2 空気清浄効果でクリーンな空気

土壁は、ほかの素材(新建材やビニールクロスなど)に比べてタバコの煙や浮遊粉塵など汚染物質を吸着するはたらきがあり、吸着後の放散量も少ないと言われています。空気清浄化作用がある土壁は、小さなお子さんやペットがいるご家庭でも安心して使える素材です。

いいこと3 自然の防音効果で住まいが静か

壁厚が50~70ミリある土壁は内部の空洞がなく重量も一定以上あるため、防音効果に優れています。自然の防音効果が、静かで落ち着きのある暮らしを支えます。

いいこと4 家にいながら森林浴

建材として使用している木から放たれるのは、森林の香りの成分でもあるフィトンチッド。森林浴のときのすーっとした爽快感を、家のなかにいながら味わえます。

いいこと5 赤ちゃんがなめても大丈夫

何でも口にしてしまう赤ちゃんがいるご家庭の場合、住宅に用いられている塗料も心配ですよね。でも、どうぞご安心ください。内田工務店では塗料にもこだわり、100%自然素材の亜麻仁油や蜜ロウ、柿しぶを採用。あやまって赤ちゃんがなめてしまっても大丈夫です。

いいこと6 無垢の床で裸足の快適さを

内田工務店のつくる住まいは自然素材をぜいたくに使った注文住宅ですから、もちろん床にも国産の無垢材を採用。木の何とも言えないぬくもりを、ぜひ素足で感じてみてください。

いいこと7 再利用もできるエコ住宅

自然素材で建てる家は人と環境にやさしいエコ住宅です。土壁は解体時にそのまま土に返すこともできますし、練り直せばまた土壁として再利用できます。もちろん構造材は釘や金物をほとんど使用していないので、解体時に部材を1つひとつ取り外すことができます。構造材を100年後にそのまま再利用することもできますし、古材を意匠的に再利用することも可能です。