人と環境にやさしい家づくり

選びたいのは、人と地球にやさしい住まい

健康被害を遠ざける

人にやさしい住まい

いま、人生の大半を過ごす家と健康の関係性について考える人が増え、「本当に健康に良い家に住みたい」というニーズが高まっています。そこで注目されているのが、自然素材をふんだんに使った人と環境にやさしい住まいです。化学製品でつくられた新建材を一切使用せず国産の無垢材をぜいたくに使うことで、人にも地球にもやさしい住まいが生まれます。自然素材の住まいは従来の住宅の問題点として挙がっていたシックハウス症候群の原因物質「ホルムアルデヒド」を含まないので、小さなお子さんやペットがいるご家庭、健康について真剣に考えられているご家庭にもおすすめの住まいのかたちです。

未来に資源を残す

地球にやさしい住まい

アメリカの家の平均寿命は60年、イギリスは80年に対し、日本の家の平均寿命は30年です。この数字が表すものは、建てては住み潰して、また建てては住み潰すという、戦後の日本の住宅事情。資源が豊かにあった昔なら、このサイクルを回し続けることが許されたかもしれません。しかし、このようなエネルギー資源の消費の先にあるものは資源の枯渇でしかありません。

そのことに気づいた多くの方が、いま長寿命かつ循環可能な家づくりとして自然素材を使った家づくりに注目しています。木、土、紙、石といった自然素材からなる住まいはコンクリートの住まいよりも耐久性が高く長寿命で、またいつか寿命を迎えたときにも自然に還っていきます。自然素材を使った住まいは、未来に資源を残せる地球にやさしい住まいなんです。

自然素材を使った住まいにはこんなにいいことがたくさん!